利用案内

参考調査(レファレンス・サービス)利用案内トップへ広報・刊行物

学外者の利用について

閲覧・貸出
  • 中央図書館は学外の方も利用することができます。カウンターで受付を行います。
  • 閲覧室内書架の資料の閲覧は自由です。複写をすることもできます。研究室所在の資料については、閲覧・貸出・複写の利用はできません。
  • 富山県内に在住の方か、富山県内に職場のある方のみ利用証の貸与を受けられます(学生証、運転免許証等で住所・氏名の確認を行います)。5冊以内、2週間以内で資料の貸出が受けられます。利用証の有効期限はその年度末まで。
  • 書庫内の資料、貴重資料(ヘルン文庫、川合文書、菊池文書)の利用は平日9:00~17:00に限られます。貴重資料を閲覧したい場合は、事前に閲覧事項を連絡し、利用の確認をしてください。
    ⇒お問合せ先はこちら
  • 事前に開館時間や休館日を確認しておいでください。
学外からの文献複写受付業務について
1. 支払い種別について
1)相殺

相殺制度の詳細につきましては国立情報学研究所のホームページをご参照ください。

2)後納

相殺制度に参加されない機関(ただし本学規則に定める後納が認められる機関に限る)が対象となります。申込み方法はNACSIS-ILLを原則としますが、郵送・ファックスでも受付けいたします。複写料金の請求は複写物を引き渡した日の属する月の翌月の10日までに当月分をまとめて、別紙振込依頼書(請求書)の様式によりご請求いたします。支払期限は請求のあった月の月末(振込依頼書にも記載)です。期限厳守でお支払いください。なお、後納によるお支払いを希望される場合は、複写の申込み時に振込依頼書(請求書)の送付先 および 支払責任者名等を必ず明記してください。複写物引き渡しの際には1件毎の料金を連絡します。

3)前納

個人の方及び本学規則により後納が認められていない機関が対象となります。お申込みは窓口カウンターでの申込み、もしくは郵送・ファックスによることとします。料金は、窓口カウンターにて現金でお支払いいただくか、本学からの料金通知に基づき、現金書留による郵送でお支払いいただきます。料金を領収後に複写物を発送いたしますので少しお時間がかかります。

2. 料金について

料金については複写料と郵送料(実費)の合計を請求します。価格については下記の料金表をご参照ください。

【文献複写料金表(1枚あたり)】
種別金額種別金額
電子複写35円リーダープリンター35円
ドキュメント・デリバリー・サービス(個人を除く)60円ファクシミリ75円
3. 申し込み・問い合わせ先

申し込み・問い合わせ先についてはこちらをご参照ください。

来学

富山大学五福地区には駐車場があまりありません。公共交通機関を使って来館してください。やむを得ず自家用車で来られる場合は、必ず大学入口の案内所で許可を貰った上で入構してください。

⇒中央図書館への交通アクセスはこちら

このページのトップへ戻る